緩和ケアとは

がん患者さんは、痛みや倦怠感などの身体的な症状の他に、ゆううつ、悲しみなど精神的な大変さがあります。緩和ケアは、がんと診断されたときからの、身体的・精神的な苦痛をやわらげる、こころのふれあいを大切にするための、患者さんとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするためのケアです。

医療用麻薬は、痛みのある状態での使用では、中毒にはなりませんのでご安心ください。

痛み以外の症状にも緩和ケアが効果的です。

  • 吐き気がする

  • 身体がだるい

  • 息が苦しい

  • 食欲がない

  • 身体のむくみ

  • 何もする気が起こらない

  • 気分がゆううつ


​など

当院では、がん診療に携わる医師、看護師、薬剤師、栄養士などがチームとなって、がん患者さんとその家族を支援します。

苦しい時、つらいとき、「こんなことは相談しても仕方がないかな」と一人で抱え込まず、遠慮せずどんなことでもお伝えください。